読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長時間、椅子に座ると腰が痛くなる原因は?【その2】

長時間、デスクワークをしたり運転を
したりして腰が痛くなって
動けなくなったり、足がしびれたりしたこと
ありませんか?
ほおっておくと大変なことになることも
あります。

今回は長時間座って腰が痛くなる主な
原因と対処法をいくつか紹介していきます。
参考にして健康な生活を維持しましょうね!

【原因2 腰の筋肉が緊張している】

デスクワークや事務仕事で
長時間、椅子に座って疲れてくると
腰が自然に丸くなってくると思います。
いわゆる猫背ですね。

特に運動不足で腰を支えている
腹筋が衰えている方は・・・
すぐに曲がってきますよね。

その状態が続くとどうなるか?

筋肉はゴムのような役割をしています。
伸びたり縮んだりして関節を動かして
血流を良くしています。

同じ姿勢を取っていると
ゴムである筋行くがずーと伸び縮みしない
わけですから弾力性がなくなってきて
固まってきます。

そして、筋肉が徐々にはってきて
血行が悪くなり、痛みを感じるようになります。

特に座った状態から立ち上がろうとすると
固くなった腰の筋肉が一度の伸びて、反動で
急激に縮むのでズキッと痛みが出やすいです。

【対処法】

腰の筋肉が過緊張を起こして
腰痛になっているので、緊張する前に
立ち上がって歩いたり、腰のストレッチを
行えば直ぐに痛みが軽減すると思います。

問題なのは仕事や趣味、勉強などに
没頭しすぎると痛みを忘れて長時間座っていることに
気づかない場合です。

こんな場合はタイマー、アラームなどをセットして
あらかじめ座る時間を決めおいた方がいいですね!